老人ホームの種類

老人ホームとは文字通り高齢者が生活するための施設です。高齢者が快適な日常生活を送るために必要なサービスを提供することを目的としています。この老人ホームには大きく分けて有料老人ホームと老人福祉施設の2種類があります。
有料老人ホームは民間企業が運営しているものが多く、「介護付有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」「在宅型有料老人ホーム」の3種類があります。介護付有料老人ホーム以外の施設では介護サービスを用意していないのが特徴で、原則としては要介護認定を受けておらず、自立した生活を送ることができる高齢者を対象としています。高齢化社会の進行にともない設置が急増しており、その役割の重要性が指摘されている施設でもあります。

一方老人福祉施設とは老人福祉を目的とした施設で、老人デイサービスセンターや養護老人ホーム、軽費老人ホームなどさまざまな種類があります。これらの施設では要介護施設の認定を受けた人が日常生活に必要なサービスを受けることができるのが大きなポイントとなります。それぞれの施設はサービス内容や費用、入所条件や入所期間などに違いがあります。
高齢者が快適な生活を送るためには健康状態に合わせた相応しい環境を用意することが重要になってきます。たとえば認知症を対象にしたグループホームなどもありますし、自炊を前提した入所施設である軽費老人ホームB型などもあります。入所する高齢者の意見を尊重した上で決定する必要があるのです。そのためにも老人ホームにはどのような施設があり、どのようなサービスが提供されているのかを把握しておかなければならないでしょう。費用の問題も含め、正しい知識を得ておくことが求められます。

住みなれた我が家を離れて生活を送ることになる老人ホーム。他の入所者や地域の住民との交流など孤独を和らげ、毎日の生活に張りをもたらしてくれる環境も重要になります。老人ホームのサービス内容はさまざまな面から評価することも必要になってくるでしょう。